トップページ >> 群発頭痛原因

タグ: アルコール

群発頭痛原因

群発頭痛は目の奥が痛くなるのが特徴の頭痛です

群発地震のようにある時期に集中して起こるのでこの名前がつけられました

季節の移り変わりで発生して1度おこると持続し頭痛が起こり

毎日のように頭痛が発生します

その後半年や1年は頭痛が起きることがなくて時期が来るとまた頭痛が起きるのを群発頭痛といいます

頭痛が起きているときを群発期いいそれ以外のときは頭痛はおこりません

群発頭痛は男性に多く20代から40歳代まで幅広く起こります

群発頭痛は目がえぐられる痛みやキリで刺された痛みと言われ痛みが酷いのが特徴です

あまりの痛みに動き回ったり頭を壁に打ち付ける人もいるそうです

群発頭痛原因

群発頭痛はアルコールが引き金になると言われ酒を飲んだ後40分から1時間ほどで

頭痛が発生しやすいといわれています

酒を飲むとほぼ頭痛が発生するのでアルコールを飲むのをやめる必要があります

ほかにも喫煙も原因になることがあります

群発頭痛の発生の原因は今はまだわかっていません

頭の血管の拡張がかかわるといわれ目の後ろの血管が拡張して炎症がおこり

目の奥が痛むと言われています

群発頭痛症状

期間

1ヶ月や2ヶ月集中的に毎日起こる

場所

頭の片側だけ痛む

痛み方

目の奥がえぐられるような痛み

時間

1日1回から2回痛みが起こり1回の痛みは15分から3時間ぐらい